星野農園について

新潟市から車で40分ほど北へ行った、新発田市で親子三代の暮らしを営んでいます。先祖代々の田んぼを守り、アスパラガス畑は義父が丹精込めて作った土を受け継ぎ、より磨きをかけて次世代に渡すため日々汗を流しています。まだ小学生の子供たちが継いでくれるかは分かりませんが…。


さて、私自身は平成8年に星野家に婿入りして、平成11年就農した中途採用農家です。元々は東京の下町江東区深川出身の江戸っ子でしたが、アスパラガスに魅せられて、新潟コシヒカリの味に惚れ込んで農業に従事することになりました。


圃場にはたくさんの虫、カエルや蛇、鳥たちがやってきます。毎年大量に作る堆肥は、微生物の活動で作られます。雑草には苦しめられますが、農業は多くの生命に支えられて存在しうる生業だということを日々実感しています。そして、いま私たちがあるのは、太古からの多くの生命とともにあるからだという、当たり前のことにも気づかされました。

星野農園のご近所さん

シェアリングアース協会

星野農園のくず米を使った「庭に鳥を呼ぶエサ米」を共同開発しました。

総合生協生産者協議会

総合生協を通じて安心、安全でおいしいアスパラガスをお届けしています。毎年組合員のみなさんと、アスパラ畑で交流しています。

新発田市・食の循環によるまちづくり

星野農園も協力しています。

健康おやつおもちファクトリー

減農薬、有機栽培で米作りをしている友人。我が家はいつもここのお餅です。